BLOG

大好きだった。今も大好き。きっとこれからも。

いつも楽しく笑っていた。

患者さんが他界するのは、長く勤務していれば必ず遭遇すること。

でもやっぱり慣れないな。

楽しかった思い出が、たくさん蘇る。

内科の先生に紹介されていらっしゃったときの印象は
気難しいのかな?だった。

口腔内が乾燥していて、デンチャーを装着されていたけれど
痛みや噛みにくさがあったから、自分なりに様々なことを調べて

行動されていた。

そう、行動的だった。

コロナ禍の中、京都に行かれた。

弱々しかった体が、京都に行くと決めた途端元気になっていった。

「すごく楽しかった。行ってよかった。」とイキイキした顔で土産話を聞かせてくれた。

美しい人だった。フランス人みたいなオシャレをして
良いものを長く愛する感じが素敵だった。

年齢を重ねていても可愛い女の子だった。

大好きな主治医の2人の先生の話をするとき、キャッキャと女子だった。
2人でときめいた話をするのもすごく楽しかった。

もともと京都に住まれていて、
十五夜の時には、お兄さんのお店のお和菓子が送ってきたからと

美しい羊羹をプレゼントしてくれた。

すごく可愛いうさぎと満月が施してある、上品な羊羹に心が弾んだ。

「これからは、好きなことをやって生きるの!」とキラキラした笑顔を私に向けて言ってくれた。

すごく好きだった。

楽しかった。

あの時間が愛おしい。

もっともっと話したかった。

今まで生きてきて感じたこと、楽しかったこと、笑ったこと、

もっともっと笑顔を見たかった。

歯科衛生という仕事は、患者さんの人生に寄り添う仕事。
まだ出会って2年足らず…全然、寄り添えていない。

もし、次があるなら、どんな会話を私たちはしただろう。

「私、努力しているのよ。好きな人とはつながっていたいじゃない。自分がその人にできることをしたいのよ。」

一緒に写った写真は思い出。

「頑張っているのね」と微笑んでくれた言葉は宝物。

寂しいな。寂しくなるな。

もう、待合室で静かに本を読む姿に出会えないなんて。

そうだよね。人はいつか他界する。それがいつかわかっていたら、後悔をせずに済む。

後悔せずに済むように、出会った患者さんには、自分の誠心誠意で接したいと心から想う。

あ〜。まだ信じられないから。ありがとうございましたってお別れの言葉は言えない。

「今日も楽しい時間をありがとうございました!
また、次回お会いできる日を楽しみにしてます。」

「私もね」

  • この記事を書いた人

本田 貴子

 MERCIMONDE LLC 代表・歯科衛生士  臨床教育に携わりながら、インプラント治療や歯周治療、コミュニケーションの講師として活動中。セミナーの企画運営も行っている。多くのデンタルスタッフと共に学びを深めるStudy Group”FOCUS!”代表。

-BLOG

Copyright© 歯科衛生士 本田貴子 , 2021 All Rights Reserved.