BLOG

様々な事象が教えてくれること

2020年は、様々なことが世の中で起こっているように
私自身にも様々なことが起こっていて
知らなかった未知の世界の扉を叩いて
開けてもらって
中に入って学ばせてもらったり気がつかせてもらったり。

幸せな嬉しいこともあれば、ちょっと精神的に悲しいこともあったり。

私の特別な人たちはみんな、ご主人や親が他界した後に言う。
「後悔はしていない。できることは全てやったから。」

過日、愛犬ミニチュアピンシャーの
KENZO-☆が天国に行ってしまいました。

認知症と痙攣発作

犬にも認知症があるのだなと初めて知りました。
痙攣発作は、なんども繰り返し
見ていることができないくら可哀想でした。
KENZO-☆が入退院を繰り返した1ヶ月は、
ほぼ毎日、妹と病院通い。

入院していても、食事はガツガツ食べるところが
KENZO-☆らしく
私たちは、これでもかっていうくらい高級で栄養価の高いご飯を持って
お見舞いに行きました。

KENZO-☆が天国に行く前日
私たちは、家に連れて帰ることにしました。
最初は、家で眠っていましたが、しばらくすると
痙攣発作が起こる。何度か大きな発作と小さな発作を繰り返し…

私たちは、怖くて対応がわからなくて
熊本の動物病院へ急いで連れて行来ましたが
夜間は休診で空いておらず…福岡の病院に
問い合わせて連れて行くことにしました。

高速に乗る手前で、私の口から勝手に言葉が出てきた
「高速に乗ると体力を奪われるから、そのまま一緒にいた方がいいと思う。」

「あれ、このセリフ、以前も言ったことある???」
それもこの道で…

デジャブ???

その後
福岡の病院にお断りの電話をし
明け方すぐに熊本の病院に連れて行けるように
KENZO-☆と妹と私で車中泊

KENZO-☆が我が家に来たばかりの赤ちゃんの時、
ずっと、こうやっていたなあ と思い出しました。

すごくすごく穏やかで優しくて心地よい時間

あの時と同じで
私のお腹の上のKENZO-☆はスヤスヤ眠っていました。

ちなみに私も爆睡 笑

横にいた妹は、眠れずに
そんな私たちを見て、過去を思い出していたみたい。

KENZO-☆は朝になってもスヤスヤ眠っていたので、
父の家に連れて行き…

仕事が終わると猛ダッシュで父の家に向かい、
父と妹と一緒にKENZO-☆を動物病院へ

6キロ近くあった体重は3.5キロまで落ちていて
お顔は、白髪が増えてきていて

13年と言う月日を改めて感じました。

病院から帰り、父の家で義理母と妹とKENZO-☆と5人で過ごす時間
心臓の鼓動、寝息、体温

全てに「生」を感じ、父の家を後にしました。

何も食べていなかった妹と私は、軽く何か食べようとレストランに入り…
食事が終わった直後、義理母からの電話。

「健ちゃんが息をしていない」

すぐに、父宅へ向行くと

さっきまで「生」を感じさせてくれたKENZO-☆は、まだ暖かく

でも硬直し始めていて。

父が葬儀の手配をするためにネットで調べてくれたところに
電話して、コンビニに氷をたくさん買いに行って

ポロポロ泣いた。

翌日、葬儀場へ連れて行く道は、
KENZO-☆とみんなで行った様々なドッグランへの通り道。

晴れた夏の日。
蝉が鳴く。
野球の練習をする高校生の声。

悔いがないかと言われると、私はやっぱり悔いが残った。

自分の時間を、どう使うか?

KENZO-☆が教えてくれたこと。

自分の時間を大切な人のために、もっと丁寧に使おうと
心に誓いました。

やっと、きちんと文章にできました。

読んでくれた方、私ごとでしたが
お付き合いいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

本田 貴子

 MERCIMONDE LLC 代表・歯科衛生士  臨床教育に携わりながら、インプラント治療や歯周治療、コミュニケーションの講師として活動中。セミナーの企画運営も行っている。多くのデンタルスタッフと共に学びを深めるStudy Group”FOCUS!”代表。

-BLOG

Copyright© 歯科衛生士 本田貴子 , 2021 All Rights Reserved.