BLOG

当たり前の幸せ(╹◡╹)♡

災害が及ぼす人的影響は大きく、今回の豪雨被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

2016年に熊本地震を経験した私は、

「当たり前の幸せ」は「当たり前ではなく、感謝して感じ取ること」だと思っています。

優しさを与えてくれた方々がいて、「ありがとう」の意味を、見返りを必要としない「ありがとう」の言葉を受け取ることを学ばせて頂きました。

先週月曜日の大雨

大牟田に住むいとこに連絡が取れたのは、22時30分をまわった頃。
車が浸かり途中で車をおいて、歩いて帰ってきたとのこと…。
それも腰まで浸かって…。
2時間30分かけて…。

お世話になっている診療室の先生からは「被害こそ出ませんでしたが、大牟田は大変なことになりました」と連絡をいただいた。

「あっちこっちで車が浸水し、かみさんも車ごと浸水しかけて命からがら逃れてきました…」と聞いて怖くなった。「スタッフみんなの帰路も色々あったみたいですが、身体が何事もなかったのが一番です」と前向きな言葉は、先生らしい優しさに溢れていた。

翌日の診療は、「通行止などがあり無理をしないでください」とお気遣いをいただき
お休みとなっての今日!

いつもの場所に、歯科医院があり、中に入ると、いつもの顔。

優しく微笑む先生に「大変でしたね。奥様もご無事でよかったですね。」と伝えると「絶対、死ななさそうでしょ!」といたずらっ子みたいな無邪気な言葉で返され「たしかに!」と納得する私。

スタッフ一人一人に、声をかけ話をすると
みんなそれぞれ朗らかに大変だった1日を話してくれた。

後から来られた奥様の元気な顔に、ホッとした。

いつもの場所に、歯科医院があり、中に入ると、いつもの顔。

それがどれだけ幸せなことなのかを、改めて想う。

不思議なもので、こういう経験をすると
あの人のここがイヤとか嫌いとか、そんなことはどうだってよくなってくる。

会えることの幸せと尊さをすごく感じる。

災害がなくなることはないからこそ、1日1日を大切に

誰かと共有する時間を丁寧に過ごしたいと心から思います。

 

  • この記事を書いた人

本田 貴子

 MERCIMONDE LLC 代表・歯科衛生士  臨床教育に携わりながら、インプラント治療や歯周治療、コミュニケーションの講師として活動中。セミナーの企画運営も行っている。多くのデンタルスタッフと共に学びを深めるStudy Group”FOCUS!”代表。

-BLOG

Copyright© 歯科衛生士 本田貴子 , 2021 All Rights Reserved.